お知らせ

デザインを内製化しているからこそバックパネルの製作を企画から施工まで一気通貫で承れる!

記事をご覧の皆様。初めましての人は初めまして。
大阪を拠点とし主にバックパネルの製作を承っております大阪バックパネルのブログ担当です。

この度は弊社のブログをご覧くださり誠に有難うございます。
早速ではありますが、この大阪バックパネルのサイト運営をしている東真グループは、イベント会場の、企画からデザイン、施工までを一気通貫してご依頼いただけるイベント特化の施工会社です。

東京都を中心に2020年時点で55年以上も続いている会社でして、施工に関するお問い合わせはもちろんのこと、バックパネル(バックボード)の様なスポットの施工も承っており、
特にバックパネル(バックボード)は受注数も多く、定期的にご依頼をいただくお客様もいらっしゃいます。

大阪のバックパネルデザイン実績のご紹介

まず始めに弊社の施工実績をご紹介します。

上記の施工は主にホテルのエントランスでの施工になります。
毎年行われるハロウィンイベントやクリスマスイベントなど行事や季節に合わせて装飾を変えています。またこれらのデザインは展示するホテル様の基調色やイメージを崩さないようにしており、高級ホテルにふさわしいエレガントさを残しつつ、ホテルロゴが目立つようにロゴ回りはスッキリさせるために単色で仕上げました。
これらのバックパネルやその周りの装飾は弊社が全てデザインから起こしています。


上記の画像は弊社がラフを起こしたものと実際のベックパネル装飾になります。
コチラはハロウィンの時期に施工したバックパネル装飾になります。
左の写真はパースデザインになります。このデータはお客様のご要望をヒアリングした後に製作しており、お客様とのご要望を実際にコチラがくみ取れているのか形にお越して確認していただくための資料として使われます。
弊社は施工デザインまで全て内製化しておりお客様の細かいご要望を受け止め満足のいくデザインをご提案することが可能です。

デザインはご要望とイメージと予算を考慮して作成

先程も申し上げた通り弊社ではデザインを内製化しているからこそ、企画からデザイン施工までを全て受けることができるのです。
そのため、定期的にお仕事をご依頼いただける理由の一つとしては、「漠然としたイメージを形にすることができる」という点です。お客様は必ずしもハッキリとした構想ができている方とは限らず、漠然としたイメージをお持ちの方もいらっしゃいます。
そんな方は弊社の営業担当がヒアリングをしてご要望をくみ取りつつ、お客様の企業イメージや基調色、バックパネルを設置する空間のテイストに合わせて、デザインを組み立てていきます。

そういった「1を聞いたら10を産み出す」精神でこれまでバックパネルの製作と装飾を行ってきているため、お客様からも「何かと頼みやすい会社」として信頼をいただいております。

また、弊社は企画に携わるデザイナーがお客様の予算内の装飾企画を行いますので、予算オーバーになることや、「実際にやってみたけどできなかった」といったトラブルに見舞われることはありません。

これはデザインまでを全て内製化できるからこその強みでもあります。

デザインが内製化しているからこそのメリット

デザインを内製化しているメリットの一つに安く施工できるという点があります。
デザインまで完全内製化しているため余計な外注費や仲介マージンが発生しないのです。

ホテル様などでよくみられるケースとしては、お花屋さんに依頼をするパターンですが、基本的に会場装飾や空間デザインなどはフリーランスに外注している場合が多いので、内容によっては高くなってしまう可能性もあります。
もちろん装飾品として生花は非常に美しいため、演出したい空間デザインによってはお花屋さんに直接依頼をするのも良いかとは思いますが、装飾にこだわりがないのであれば、安く施工できる弊社にお問い合わせいただく方が良いかもしれません。
また、弊社は毎年1000件以上の施工をこなしておりますので、予算内に収めるためのデザインの企画設計や現場管理・施工において積み上げてきたノウハウがあります。
デザインだけでなく現場調整という点でもお客様に満足のいく施工を届けることが可能です。

バックパネルだけでなくイベント装飾のご依頼も可能です

先程も申し上げた通り、弊社ではデザインを内製化しているため、バックパネルの製作に関しては企画デザインから施工まで承っております。ただ、弊社では会場全体の装飾のご依頼も承っております。
もしホテル会場などでイベントを企画されているようでしたら、是非お問い合わせ下さい。